laravel

CodeAnyWhereでLaravel環境を構築してみた

codeanywhere
CodeAnyWhereは無料で良いですね。最近ドットインストールでLaravelを勉強しています。CodeAnyWhereでLaravel環境を構築し勉強しています。
今回はCodeAnyWhereを使ったLaravel環境を構築しますよ。

CodeAnyWhereによる環境構築

Connection Wizardで空のOSでも良いのですが、PHP7を選択します。
環境整備
 
このようにインストールできたことを確認する。
インストール

CodeAnyWhereによる動作確認

メニューにある▶をクリックすると起動します。
実行
 
このような画面が表示されたらApache httpdサーバーが動いていることが確認できます。
実行

Laravel(最新版)インストール

以下のコマンドを実行してください。

# composerの更新sudo composer self-update# app1の作成composer create-project laravel/laravel app1# 権限の変更chmod -R ugo+rw app/storage/chmod -R ugo+rw app/bootstrap/

sudo vi /etc/group で権限を編集

# cabox をルートに追加root:x:0:cabox
sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf で以下の場所を変更してください。
# 変更箇所DocumentRoot "/home/cabox/workspace/"#変更前DocumentRoot "/home/cabox/workspace/app1/public/"#変更後

最後に sudo apachectl restartでapacheを再起動してください。再起動後画像と同じボタンをクリックしてください。
実行
以下のような画面が表示されたらLaravel環境は構築完了です。

 
laravel
あとはソースをゴリゴリ書いてください!
 

laravel
最新情報をチェックしよう!